どんなカバンを持てばいい?

どんなカバンを持てばいい?

どんなカバンを持てばいい? あまり経験したくはありませんが、人の不幸は突然やってきます。
お葬式のとき服装は一般的な喪服で大丈夫ですが小物類はどうなんでしょうか?
少なからず荷物はあるのでカバンは絶対に必要ですよね。
フォーマルバックはお葬式以外の冠婚葬祭でも使用することができますので、ある程度の年齢になったらひとつは用意しておきたいですね。
お葬式の際のカバンの色は当然ですが黒色です。
素材は基本的には布製が正装になります。
光沢があるタイプや装飾などの派手な金具やリボンなどがついていないものを選びましょう。
皮や合皮などの素材は殺生をイメージさせるため以前はマナー違反という意見もありましたが光を当てても光沢がなく地味でシンプルであれば近年は大丈夫です。
お葬式の際の持ち物は数珠や香典、普段も利用している携帯やお財布など荷物もありますので小さすぎないものがおすすめです。
どうしても小さいものが好みの場合は専用のサブバックも販売されていますのでこちらを利用すると便利です。

お葬式にはいていくのにふさわしい靴について

お葬式にはいていくのにふさわしい靴について お葬式に行くときには、一般的には礼服用の靴を履くことになりますが黒ければよいのではなく、男性はローファーではなく紐靴、女性の場合は金具などがついていないもので爬虫類などの型押しもふさわしくありません。
自分が持っているものがお葬式にふさわしいかについては礼服売り場の店員に尋ねるとわかりますし、フォーマルショップなどで尋ねてみても良いでしょう。

黒以外のものを合わせるのは良くありませんし、全身黒い色を身に着けるのがお葬式のマナーです。
女性の場合、ヒールは合ってもなくてもかまいませんがあまり高すぎるピンヒールのようなものは華やかになりすぎてしまうので適しません。
長時間履いていても疲れないようなクッション性の高いものを選ぶと、歩かなくてはならないシチュエーションでも安心ですし、雨が降るかもしれない場合には革よりも合成皮革の素材のもののほうが汚れにくく滑りません。
天候に合わせていくつか用意しておくと良いでしょう。

新着情報

◎2018/10/12

どんなカバンを持てばいい?
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

夜中でも業者に電話
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

お葬式の準備を進める
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬式 カバン」
に関連するツイート
Twitter